凸版印刷と京都大学、放射線を遮蔽するタングステン機能紙を開発

 凸版印刷は7日、紙にタングステンを高密度で充填し、放射線を遮蔽する機能を持った「タングステン機能紙」を開発したことを発表した。6月中旬よりサンプル出荷を開始する。

生活・健康 健康
タングステン紙
  • タングステン紙
  • 遮蔽性能
 凸版印刷は7日、紙にタングステンを高密度で充填し、放射線を遮蔽する機能を持った「タングステン機能紙」を開発したことを発表した。6月中旬よりサンプル出荷を開始する。

 タングステンは、X線やγ線などの放射線を遮蔽する機能を持っており、本製品はタングステンを高密度に充填したことで、タングステン自体の特長を維持したまま加工性の向上を実現した。この機能紙は、京都大学大学院医学研究科の平岡眞寛 教授、門前一 特定准教授の協力を得て、性能評価を実施。その結果、従来の鉛板と比較して、同等の放射線遮蔽効果を有することが確認されたという。

 従来利用されている鉛板に比べ、加工が容易で、鉛廃棄物による環境への影響もないのが特徴。また、断裁や折りたたみ、フィルムをはじめ他材料への貼り合わせなど加工も容易で人が触れるような用途でも活用できる。今後は、放射線検査室および放射線治療室の壁・扉・カーテンなどへの利用、放射線の遮蔽が困難な手術室・病室での簡易遮蔽材といった用途のほか、放射線環境下での作業員保護、汚染物質・廃棄物の簡易遮蔽、被災地の体育館など広域避難場所を新築する際の建装材といった用途が期待される。

 凸版印刷は、医療業界や建築業界などに向けて本製品のサンプル出荷を行い、新たな用途や使用方法などの検討を進めてるとともに、京都大学との協力を継続し、さまざまなニーズにマッチした研究・開発を進めるとしている。

凸版印刷と京都大学、“放射線を遮蔽する紙”を開発……タングステンを高密度で充填

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)