【大学受験2013】河合塾、2013入試難易予想ランキングを公開

 河合塾が運営する大学受験情報サイト「Kei-Net」は6月22日、「第1回全統マーク模試・全統記述模試からみる入試難易予想ランキング表」を公開した。

教育・受験 受験
Kei-Net「入試難易予想ランキング表」
  • Kei-Net「入試難易予想ランキング表」
  • 2013年度入試難易予想ランキング(国公立大編)【医・歯・薬・保健学系】
 河合塾が運営する大学受験情報サイト「Kei-Net」は6月22日、「第1回全統マーク模試・全統記述模試からみる入試難易予想ランキング表」を公開した。

 同資料では、各大学の2013年度の予想入試難易度を、合否の可能性が50%に分かれるボーダーラインとして、学部系統別に一覧表示している。各大学のボーダーラインは先に実施された第1回全統マーク模試および第1回全統記述模試の結果に基づく6月時点のもので、模試の志望動向などにより変更となる可能性があるとしている。

 国公立大学では、「文・人文学系」「社会・国際学系」「医・歯・薬・保健学系」などの学部系統ごとに、センター試験の得点率で表したボーダーラインが高い順に大学名(学部–学科)を掲載。また2次試験における偏差値も付記されている。

 国公立大における「医・歯・薬・保健学系」のランキング(前期日程)では、東京大学(理科三類)がボーダー得点率94%でトップ。次いで、京都大学(医-医)と大阪大学(医-医)が92%で並んでいる。

 私立大学では学部系統ごとに、「一般方式」「センター利用方式」のそれぞれについて一覧表が掲載されており、一般方式ではボーダー偏差値、センター利用方式ではセンター試験の得点率により、高い順に大学名(学部–学科)を掲載している。

 私立大における「医・歯・薬・保健学系」では、一般方式は、慶應大学(医-医)がボーダー偏差値72.5でトップ。センター利用方式では近畿大学(医-医C-セ中)が得点率94%でトップとなっている。

 なお、同資料における学部系統の分類は以下のとおり。

◆国公立大
「文・人文学系」、「社会・国際学系」、「法・政治学系」、「経済・経営・商学系」、「教育-教員養成課程」、「教育-総合科学課程」、「理学系」、「工学系」、「農学系」、「医・歯・薬・保健学系」、「生活科学系」、「芸術・スポーツ科学系」、「総合・環境・情報・人間学系」

◆私立大
「文・人文学系」、「社会・国際学系」、「法・政治学系」、「経済・経営・商学系」、「理学系」、「工学系」、「農学系」、「医・歯・薬・保健学系」、「生活科学系」、「芸術・スポーツ科学系」、「総合・環境・情報・人間学系」
《田崎 恭子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)