大阪大学、高校生対象のものづくりWS「ジャンピングマシンコンテスト」

教育・受験 その他

第6回 ジャンピングマシンコンテスト
  • 第6回 ジャンピングマシンコンテスト
  • 第6回 ジャンピングマシンコンテスト
 大阪大学 工学部・大学院工学研究科 創造工学センターは、同学で取り組んでいる創造性教育と中等教育との連携を図ることを目的に、高校生・高専生を対象とした夏期公開セミナー「第6回 ジャンピングマシンコンテスト」を開催する。

 今回の日程は、8月6日〜10日の4日間。生徒はグループに分かれ、規定の材料や大きさ、重量などの規約範囲内で自ら飛び跳ねるマシンを設計・製作し、その跳躍の高さを競う競技を行う。ちなみにこれまでのジャンプの最高記録は182cmだという。

 グループワークでは、設計から、情報収集やディスカッション、マシン製作、プレゼンテーション資料の作成・発表にいたるまで、ものづくりに必要な一連の流れを体験的に学習することができるという。難しい作業は大阪大学の教員や大学院生と相談しながら進めていくため、予備知識がなくても参加が可能。

 参加費は無料。参加申し込みは、ホームページにある参加申込書(PDF)に必要事項を記入の上、郵送、FAX、メールのいずれかで申し込む。

◆第6回 ジャンピングマシンコンテスト
対象:高校生・高専生
※高専インターンシップ(5日間)としての受け入れも実施している
申込方法:参加申込用紙を郵送、FAX、メール
締切:7月6日(金)
 ※参加の可否は7月9日(月)までにメールで通知
[日程]
・1日目 8月6日(月)10:00~17:00
 オリエンテーション・工学設計に関する講義・マシンの設計
・2日目 8月7日(火)10:00~17:00
 マシンの製作
・3日目 8月8日(水)10:00~17:00
 マシンの製作・発表資料作成
・3日目 8月9日(木)10:00~17:00
 大学体験講義「飛ぶ」・オープンキャンパス
・4日目 8月10日(金)10:00~17:00
 プレゼンテーション(発表)・競技会・表彰式・懇親会
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)