Googleストリートビューで見る「ロンドンガイド」…名所からレストランまで

デジタル生活 ソフト・アプリ

「ストリートビューでみるロンドンガイド」サイト
  • 「ストリートビューでみるロンドンガイド」サイト
  • ウェストミンスター寺院(南西ロンドン)
  • グローブ座(南ロンドン)
  • マダム・タッソー蝋人形館(北ロンドン)
 2012年7月27日~8月12日に開催予定のロンドンオリンピック。グーグルは5日、ロンドンを、ストリートビューでまるごと体験できる 「ストリートビューで見るロンドンガイド」キャンペーンサイトを公開した。

 「ストリートビューで見るロンドンガイド」では、ロンドンを中心部、南西部、南部、南東部、東部、北部、西部の7エリアに分類し、観光スポット、ショッピングエリア、レストランを、網羅的にストリートビュー、おみせフォトなどの写真で紹介している。

 「バッキンガム宮殿」「ウェストミンスター寺院」「グローブ座」「マダム・タッソー蝋人形館」のような、誰でも知っている名所から、地元の若者に人気のベジタリアンインド料理店、さらには和食の「Tsuru」「Soseki Restaurant」まで、幅広いスポットが紹介されている。それぞれのスポットは、Google+ローカルページにリンクされており、Google+ユーザーのクチコミ情報を見ることも可能。

 この特設サイトは、Googleのヨーロッパ、アジアのスタッフが連携して製作し、中国語(簡体字、繁体字、正体字)、韓国語、英語と日本語に対応する。

ロンドン五輪直前、Googleストリートビューで見る「ロンドンガイド」が公開

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)