ペルセウス座流星群、8/12夜から観測ピーク

趣味・娯楽 その他

SOLiVE24
  • SOLiVE24
 ウェザーニューズは10日、観測ピークを迎える「ペルセウス座流星群」について、最新の気象予測から8月12日の天気の傾向を発表した。さらに24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて「ペルセウス座流星群」の様子を同時中継することを発表した。

 ペルセウス座流星群がピークとなる12日夜は、太平洋高気圧の勢力が弱く、南からの暖かく湿った空気や前線の影響を受け、全国的に曇りや雨のところが多くなる見込みで、好条件とは言えないようだ。ただし、前線から離れていて、湿った空気の影響もそれほど大きくない先島諸島(沖縄県)などは、雲の隙間から流星が見られるチャンスがある。西日本・東日本は夜間も気温が高く、熱帯夜のところが多くなるが、北日本、とくに北海道や東北北部では冷え込みもあるため、流星観測をする際は、羽織る物があると良いとのこと。

 なおピーク前後の11日・13日も流星群は観測できる。ただし、高気圧の勢力や前線の動きによって観測可能なエリアは変化するので、ウェザーニューズの最新情報をチェックする必要がある。ウェザーニューズの24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、「ペルセウス座流星群」を視聴者と観測して楽しむため、12日午後8時より各地から中継を行う特別番組を放送する。中継は、流星の観測が期待される全国7か所から行い、流星の様子と観測者のリアルタイムのコメントを配信する予定。

ペルセウス座流星群、12日夜から13日朝にかけて観測ピークに……ウェザーニューズによる中継も

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)