いじめを繰返す児童・生徒を出席停止に…品川区

教育・受験 学校・塾・予備校

品川区教育委員会 ホームページ
  • 品川区教育委員会 ホームページ
 滋賀県大津市の中学生がいじめを苦に自殺したのを受け、自治体ではさまざまないじめ防止の取組みを行っている。品川区教育委員会は、いじめを繰返す児童・生徒を出席停止にできる制度を運用することを明らかにした。

 学校教育法の規定では、公立の小中学校において、学校が最大限の努力をもって指導を行ったにもかかわらず、他の児童生徒の教育の妨げがあると認められる児童・生徒があるときは、市町村教育委員会がその保護者に対して児童・生徒の出席停止を命ずることができる。この出席停止制度は、本人の懲戒という観点からではなく、学校の秩序を維持し、他の児童生徒の義務教育を受ける権利を保障するという観点から設けられている。

 出席停止措置については、対象となった児童・生徒の教育を受ける権利が阻害されるため慎重に運用されている。

 同教委は出席停止について「学校が最大限の努力をしても解決しない場合の最後の手段とする。出席停止が目的ではなく、いじめを繰り返すとこんな措置もあることを知ってもらい、抑止力につなげる。」こととしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)