植物と昆虫の不思議な関係を学ぶ…つくば植物園9/15-23

 国立科学博物館筑波実験植物園は、9月15日から23日まで、企画展「植物 vs 昆虫展-助け合う?だまし合う?-」を開催する。入園料は300円。高校生以下無料。

教育・受験 学習
国立科学博物館筑波実験植物園(Webサイト)
  • 国立科学博物館筑波実験植物園(Webサイト)
  • 国立科学博物館(Webサイト)
 国立科学博物館筑波実験植物園は、9月15日から23日まで、企画展「植物 vs 昆虫展-助け合う?だまし合う?-」を開催する。入園料は300円。高校生以下無料。

 陸上植物はその4億年の進化の歴史の中で、常に昆虫とさまざまな関係性を持ちながら30万種を超えるともいわれる多様性を育んできた。それゆえ「昆虫との関わり」という視点を取り入れると、植物のさまざまな姿かたちや生態の不思議が、まったく違ったかたちで理解できるようになる。

 今回の企画展では、「食虫植物の進化」や「花と昆虫との共生」といったテ一マに沿って実際の植物や昆虫を、生きたまま、あるいは標本で展示する。植物と昆虫の共生や敵対的関係の巧妙さ、面白さを、児童から大人まで幅広い層が興味を持って学べるよう、触れる展示やガイドツアー、クイズラリーなどさまざまな工夫を凝らしているという。

◆企画展「植物 vs 昆虫展-助け合う?だまし合う?-」
期間:9月15日(土)〜23日(日)
開園時間:9:00〜16:30
会場:国立科学博物館筑波実験植物園
入園料:一般・大学生300円、高校生以下無料
パネル展示:
・食虫植物のふしぎ
・食虫植物への道
・食虫植物がトイレになった?
・この花の花粉を運ぶのは誰?
・虫をだます花
・カンコノキと曲ナホンガのたよりあい
・ツバキとシギゾウムシの戦い
・葉に細工するオトシブミの仲間たち
ほか
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)