北海道でスマホ貸し出し、専用アプリで観光コースや観光ポイントの情報を提供

 北海道中央バス、キョウエイアドインターナショナル、日立東日本ソリューションズ、日立ソリューションズの4社は10日、道内の定期観光バスツアーへの参加者に、スマートフォンにより各種情報やサービスを提供する実証実験を行うことを発表した。

趣味・娯楽 その他
スマートフォン利用画面イメージ
  • スマートフォン利用画面イメージ
  • 電子アルバムイメージ
 北海道中央バス、キョウエイアドインターナショナル、日立東日本ソリューションズ、日立ソリューションズの4社は10日、道内の定期観光バスツアーへの参加者に、スマートフォンにより各種情報やサービスを提供する実証実験を行うことを発表した。

 この実験は、「夏の絶景積丹岬コース」ツアー参加者に、専用アプリケーションをインストールしたスマートフォンを貸し出し、観光コースや観光ポイントの情報を提供するというもの。観光名所、レストランや土産物店などの店舗情報を写真入りで紹介する。またスマートフォンで撮影した写真を、ツアーコースに掲載し、オリジナル電子アルバムとしてツアー終了後に提供する。実験は4社共同で、9月15日から9月30日まで実施する。

 北海道中央バスでは、実証実験の成果を検証するとともに、今後増加が予想される外国人利用者向けに、多言語による観光情報やマナーマニュアルなどの情報を提供する予定。また、地元企業との連携を強化し、地域に密着したタイムリーな情報配信や、飲食店の予約、電子アルバムと連携したお土産のWeb販売なども視野に入れているとのこと。

 今回の実証実験は、北海道中央バスが定期観光バス参加者に新サービスを提供し、キョウエイアドインターナショナルが新サービス全般に関するコンサルティングを実施、日立東日本ソリューションズが新サービスの企画、日立ソリューションズがITシステムの開発をそれぞれ担当した。

北海道観光バスのコースや名所を、ツアー参加者にスマホで提供……4社が共同実験

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)