文科省、公立小中学校全校で35人学級実現へ

 公立小中学校全校での35人学級の実現について、平野博文文部科学大臣は、9月7日の記者会見で考えを明らかにした。

リサーチ 教育
平野文部科学大臣 9月7日の会見
  • 平野文部科学大臣 9月7日の会見
 公立小中学校全校での35人学級の実現について、平野博文文部科学大臣は、9月7日の記者会見で考えを明らかにした。

 現在、小学1、2年生で1クラス35人の少人数学級を実施している。来年度から5か年計画で小学校だけでなく中学校でも少人数学級をすすめていくため、概算要求の中にも組み込んでいる。

 教員が子どもの生活の環境に、より接する時間を多く取ることによって、いじめの問題などの兆候を掴むこともできるとしている。

 なお、今回の「35人学級」に関する会見は、9月7日の会見動画の2:45から視聴できる。

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)