NEC、奈良先端科学技術大学院大学にコンテナ型データセンター設置

 日本電気(NEC)は24日、奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)から、コンテナ型データセンターを受注したことを発表した。NAISTは、本データセンターを利用し、災害時のバックアップ環境をキャンパス内に整備し、12月から稼働する予定。

教育ICT 学校・塾・予備校
コンテナ型データセンター イメージ図
  • コンテナ型データセンター イメージ図
  • 本体(IT機器収容室)下部に空調機器を設置
 日本電気(NEC)は24日、奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)から、コンテナ型データセンターを受注したことを発表した。NAISTは、本データセンターを利用し、災害時のバックアップ環境をキャンパス内に整備し、12月から稼働する予定。

 コンテナ型データセンターを自学内に設置することで、災害対策(DR: Disaster Recovery)の研究と評価、および実現を狙いとしている。また、研究室の既存サーバを本データセンターに集約することで、サーバの効率的利用も図る。

 NECが提供するNECフィールディング製のコンテナ型データセンターは、汎用空調機を使用し、外気冷却を使用しない冷却システムを採用。データセンター下部の基礎部分に空調機等を収納することで、より広いラックスペースを確保している。

 NAISTは今後、本データセンターに最新の太陽光パネルを使用した発電システムと高圧直流電源を組み合わせた電源の活用も予定している。さらには、沖縄科学技術大学院大学(OIST)や北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)と連携し、相互バックアップシステムを構築する計画だ。

奈良先端科学技術大学院大学、自学内にコンテナ型データセンターを設置

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)