明治大学「親子で楽しむ!! キッズワークステーション」10/21

教育・受験 学習

親子で楽しむ!! キッズワークステーション
  • 親子で楽しむ!! キッズワークステーション
  • 錯覚のふしぎ
  • パシャパシャアニメ
  • 紙でスノボ
  • 夢のまちづくり
  • ゾートロープで昔々のアニメ体験
  • ペットボトルキャップで絵を描こう
 明治大学は、10月21日に行われる「第15回 明治大学 ホームカミングデー」の一環として、「親子で楽しむ!! キッズワークステーション」を開催する。ホームカミングデーは、明治大学が卒業生たちを母校に招く秋の恒例イベント。卒業生やその家族、友だちに「母校」の今に触れてもらうことを目的としている。

キッズワークステーションでは、簡単な操作でアニメ制作を体験する「パシャパシャアニメ」、段ボールや紙コップでビルやタワーを作る「夢のまちづくり」など、乳幼児から小学生までが親子で楽しめるワークショップを多数用意する。

 当日は、未就学児用の「こども広場」や簡易ベビールームを設置するほか、両親向けには同校OBでミュージシャンの山田パンダ氏による子育てをテーマとした講演も行われる。

◆親子で楽しむ!! キッズワークステーション
日時:10月21日(日)11:00〜15:00
会場:明治大学駿河台キャンパス・アカデミーコモン2階

[錯覚のふしぎ]
対象:未就学児4歳から小学生
所要時間:10分から2時間
内容:動く錯視図形や図と地の反転アートを絵葉書に描くコーナー、不可能立体を紙工作するコーナーを用意。

[パシャパシャアニメ]
対象:未就学児4歳から小学生
所要時間:10分から30分
内容:1枚ずつ撮影した写真を連続再生して15秒から30秒ほどのアニメーション制作体験をする。

[紙でスノボ]
対象:未就学児4歳から小学生
所要時間:5分から30分
内容:
フィルムケースやヤクルトの空容器、画用紙を使ってオリジナルのキャラクターを作り、できあがったキャラクターを雪山に見立てたジャンボロール紙の上を滑らせて楽しむ。

[夢のまちづくり]
対象:未就学児4歳から小学生
所要時間:15分から30分
内容:
小さな段ボール小箱や紙コップ、そのほかさまざまな素材を使って、机の上に大きな「夢のマチ」を作り上げていく。

[ゾートロープで昔々のアニメ体験]
対象:未就学児4歳から小学生
所要時間:15分
内容:
アニメーション装置の原点とされる「ゾートロープ」を展示し、アニメーションの原理を学ぶ。

[ペットボトルキャップで絵を描こう]
対象:0歳から小学生
所要時間:15分
内容:
ペットボトルのフタで絵を作るキャップアートの作成をする。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)