日本デジタル教科書学会、教育と技術の関わり方を探る研究会12/22

 日本デジタル教科書学会は、12月22日(土)に研究会「エデュテク・トーク(Edu×Tech Talk)」を青山学院大学 青山キャンパスで開催する。参加費は、本学会会員が500円、一般が3,500円。

教育ICT インターネット
登壇者のプロフィール
  • 登壇者のプロフィール
  • 登壇者のプロフィール
  • 登壇者のプロフィール
  • 研究会の予定
 日本デジタル教科書学会は、12月22日(土)に研究会「エデュテク・トーク(Edu×Tech Talk)」を青山学院大学 青山キャンパスで開催する。参加費は、本学会会員が500円、一般が3,500円。

 研究会は2部構成となっており、第1部では「デジタル時代の教育実践研究」をテーマに青山学院大学の寺尾敦氏が講演する。

 第2部では「ちずぶらり」などで知られるATR Creativeの高橋真知氏とAR(拡張現実)活用などで知られるレイ・フロンティアの田村建士氏が先端技術の教育活用の可能性について講演する。

 その後、登壇者を交えて、新しい技術と教育との関わり方について幅広くディスカッションを行う。

 同学会は、デジタル教科書・教材に関する学術的な研究および授業実践を行い、その効果や意義を発信することを目的に2012年5月に発足した。デジタル教科書・教材を推進する各種団体と積極的に連携して、教育の発展に資することをめざしている。

◆エデュテク・トーク(Edu×Tech Talk)~デジタル時代の空間・位置感覚と教育~
日時:12月22日(土)13:00~17:30
会場:青山学院大学 青山キャンパス(総研ビル11階 第19会議室)
参加費:本学会会員500円、一般3,500円。
申込方法:参加申込フォームより申込む。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)