「スター・ウォーズ」がディズニーに、ルーカスフィルムを買収

米大手メディア企業のザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーは、ジョージ・ルーカスが所有するルーカスフィルムを買収する合意に至ったと発表しました。

趣味・娯楽 その他
ディズニーがルーカスフィルムを買収 ― 「スター・ウォーズ」最新映画も制作発表
  • ディズニーがルーカスフィルムを買収 ― 「スター・ウォーズ」最新映画も制作発表
米大手メディア企業のザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーは、ジョージ・ルーカスが所有するルーカスフィルムを買収する合意に至ったと発表しました。

最終的な買収額は40億5000万ドルにも及び、「スター・ウォーズ」を中心とした同社のフランチャイズや権利が全てディズニーの手に渡ります。買収にはもちろん老舗のビデオゲームメーカー・ルーカスアーツも含まれ、現在開発中の新作『Star Wars 1313』にも今後ディズニーサイドから何らかの影響があるか見守られます。

また買収の発表に伴って、映画「スター・ウォーズ」シリーズの最新作となる「STAR WARS: EPISODE 7」が2015年の公開を目標にしていると制作発表があり、ファンから最大級の関心を集めているようです。

ディズニーはこれまでABC、ESPN、ピクサー、マーベルといった大手企業の買収に次々と乗り出しており、ルーカスフィルムがその新たなブランドのひとつに加わることになります。

ディズニーがルーカスフィルムを買収 ― 「スター・ウォーズ」最新映画も制作発表

《Game*Spark@INSIDE》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)