東芝、電子書籍リーダーを6,000円値下げ…15,900円で販売

デジタル生活 モバイル

片手で使える「ブックプレイス(BookPlace)DB50」
  • 片手で使える「ブックプレイス(BookPlace)DB50」
  • 東芝「ブックプレイス(BookPlace)DB50」
  • 東芝「ブックプレイス(BookPlace)DB50」
  • 11mmの薄型ボディがわかる側面
 東芝は、同社直販サイトにて電子書籍リーダー「BookPlace DB50」の価格改定を実施。21,900円から15,900円へ6,000円の値下げとなった。

 同製品は、タッチパネル付きの7型カラー液晶ディスプレイを搭載した電子書籍リーダー。オンライン電子書籍ストア「BookPlaceストア」から電子書籍を購入して本体にダウンロード可能。ストレージは8GBフラッシュメモリを搭載し、小説は約6,000冊、コミックならば150巻を保存できる。

 メモリは1GB。ワイヤレスは802.11b/g/nの無線LANとBluetooth2.1+EDR。内蔵バッテリの連続駆動時間は最大約7.5時間。本体サイズは幅120×高さ190×奥行き11mm、重さは約330g。モノラルスピーカー/加速度センサー/microSDカードスロット/microUSB2.0ポート/3.5mmステレオミニ端子を装備する。

東芝、7型電子書籍リーダー「BookPlace DB50」を値下げ

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)