イギリス黄金期を紹介「英國絵本の世界」…神奈川県立図書館

趣味・娯楽 その他

「古いお友達のアルファベット」 クレイン画
  • 「古いお友達のアルファベット」 クレイン画
  • 「長ぐつをはいた猫」クレイン画
  • 「ジョン・ギルビンの愉快なお話」コールデコット画
  • 「三人の陽気な狩人」コールデコット画
 神奈川県立図書館は2013年2月13日まで、イギリス絵本黄金時代を担った作家と、それを導いた先達の作品を展示し紹介する「英國絵本の世界」を開催する。

 1850年から70年ごろ、イギリスは「世界の工場」として繁栄の絶頂を極めた。その繁栄に呼応するかのように、イギリス絵本界もまた隆盛し、黄金期と呼ばれる華やかな時代だったという。その頃活躍したウォルター・クレイン、ケイト・グリーナウェイ、ランドルフ・コールデコットといった挿絵画家は、後の絵本文化に大きな影響を与え、今でも世界中で敬愛されている。また彼らより少し遅れて登場したビアトリクス・ポターとその作品「ピーター・ラビット」は、世界中で愛される有名な作品となった。

 ほかにも、イギリス絵本文化発展の歴史的背景や、イギリス児童文化において重要な位置を占める「マザー・グース」についても取り上げ、魅力的なイギリス絵本の世界に迫る展示となっている。

◆英國絵本の世界
展示期間:2013年2月13日まで
場所:神奈川県立図書館本館1階 展示コーナー
休館日:毎週月曜日と12月13日(木)・12月29日(土)〜1月4日(金)・1月10日(木)
※12月24日・1月14日・2月11日は開館
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)