秋入学と人材育成、東大学長や立命大学長などがシンポジウムでパネル討論

教育・受験 その他

大学改革シンポジウム「秋入学と人材育成」基調講演・パネリスト
  • 大学改革シンポジウム「秋入学と人材育成」基調講演・パネリスト
  • 大学改革シンポジウム「秋入学と人材育成」パネリスト
  • 大学改革シンポジウム「秋入学と人材育成」パネリスト
  • 大学改革シンポジウム「秋入学と人材育成」パネリスト
  • 大学改革シンポジウム「秋入学と人材育成」モデレーター
 秋入学提案を受け、大学面を創設した日本経済新聞は、大学、企業などの関係者による「大学改革シンポジウム 秋入学と人材育成」を12月19日、文京学院大仁愛ホールにて開催する。参加費は無料だが、事前申し込みが必要。

 東京大学の秋入学提案が具体化に向けて動き始め、他大学でも改革の動きが加速している。また、人材を受け入れる企業も秋採用の導入を検討し始めているという。秋入学を人材育成、経済活性化にどうつなげるか、今後の大学の役割と課題を改めて議論する内容となっている。

 本シンポジウムでは、東京大学長の濱田 純一氏による「秋入学は社会を変える」と題した基調講演をはじめ、日本学術振興会理事長の安西祐一郎氏、立命館総長兼立命館大学長の川口清史氏、日本マクドナルドホールディングス代表取締役会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)の原田泳幸氏らによるパネル討論も予定されている。

◆大学改革シンポジウム「秋入学と人材育成」
日時:12月19日(水)14:00〜17:00
会場:文京学院大仁愛ホール(東京文京区)
参加費:無料 ※事前申込制
定員:800人
申込方法:Webサイトより
申込締切:12月5日(水)
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)