資生堂とJAL、期間限定で朝食とスイーツメニューコラボを実現

生活・健康 交通・クルマ

第一期朝食メニュー:鶏肉とほうれん草のクレープ包み オムライス風 伝統のトマトソース添え。「資生堂パーラー」を代表する一皿のなかから、「オムライス」を選び、卵のクレープで鶏肉とほうれん草を包み、クスクスをライスに見立て、オムライス風に仕立てた。
  • 第一期朝食メニュー:鶏肉とほうれん草のクレープ包み オムライス風 伝統のトマトソース添え。「資生堂パーラー」を代表する一皿のなかから、「オムライス」を選び、卵のクレープで鶏肉とほうれん草を包み、クスクスをライスに見立て、オムライス風に仕立てた。
  • 第二期朝食メニュー:野菜たっぷりキッシュ。緑と赤を基調とした色合いがひと足早いクリスマス気分。
  • 第三期朝食メニュー:サーモン、帆立貝とかぼちゃの三色テリーヌ 伝統のトマトソース添え。クリスマスシーズンを意識した美しい三色のテリーヌ。
  • スイーツメニュー
  • 座間総料理長
  • JAL国内線ファーストクラス
 資生堂と日本航空株式会社(JAL)は、国内線「JALファーストクラス」導入5周年を記念し、期間限定で、「資生堂パーラー」の朝食とスイーツメニューを初めて機内食として提供する。

 対象は、東京(羽田)と4都市(札幌、大阪、福岡、沖縄)を結ぶ国内線ファーストクラスで、朝食メニューは、2012年12月1日から31日までの1ヵ月間、スイーツメニューは2012年12月1日から13年1月31日までの2ヵ月間の限定。

 東京・銀座でしか味わえない「資生堂パーラー 銀座本店」の代表的なメニューから、朝食メニューと、また長年愛されてきた洋生菓子のなかから9品のスイーツを提供する。朝食は、季節感と素材の美味しさを引き出した3つのメニューを10日毎に用意する。

 資生堂パーラーの総調理長を務める座間勝(ざま・まさる)が、JAL利用者のために、メニューを開発・監修した。座間総料理長は「機内食のプロデュースははじめての体験だったが、JAL関係者と一緒に楽しみながら、実現することができた。空の上で、資生堂パーラー110年の歴史と伝統が凝縮された一皿を賞味してほしい」とコメント。

 「JAL国内線ファーストクラス」は07年に導入。普通席の約2.7倍のスペースの座席を、機内前方に14席レイアウトする。JALによると1席の専用スペースは国内最大級だ。

朝食メニュー
●第一期メニュー:12月1〜10日
鶏肉とほうれん草のクレープ包み オムライス風 伝統のトマトソース添え
● 第二期メニュー:12月11〜20日
野菜たっぷりキッシュ
●第三期メニュー:12月 21〜31日
サーモン、帆立貝とかぼちゃの三色テリーヌ 伝統のトマトソース添え
第一期:鶏肉とほうれん草のクレープ包みオムライス風伝統のトマトソース添え

JALファーストクラスで資生堂パーラーの朝食とスイーツ

《高木啓@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)