iTunes 11公開…UI全面刷新、クラウド連携強化

デジタル生活 ソフト・アプリ

「iTunes 11」ライブラリ画面(アルバム)
  • 「iTunes 11」ライブラリ画面(アルバム)
  • 「iTunes 11」ライブラリ画面(ジャンル)
  • 「iTunes 11」デバイス画面
  • 「iTunes 11」iTunes Store画面
  • 「iTunes 11」初回起動画面
  • 旧バージョンのデバイス画面
  • 旧バージョンのiTunes Store画面
 アップルは30日、「iTunes」の最新バージョンとなる「iTunes 11」の提供を開始した。「Apple Software Update」でのアップデート、または新規インストールが可能となっている。

 「iTunes 11」では、楽曲のライブラリ表示をはじめ、ミニプレイヤー、iTunes Storeなど、ほぼすべての機能のデザインインターフェイスが刷新された。また、他デバイスで続きを再生できる機能など、iCloud連携も強化された。

 ライブラリ表示はシンプルになり、コレクションをより探しやすくなっている。画面左サイドバーにあった切り替え機能は、画面上部にボタンとして集約配置されるように変更された(設定を変更することで、従来のサイドバーを表示することも可能)。

 また楽曲アルバムを選ぶと、自動的に開き、詳細情報が表示されるようになった。テイストが似たアルバムを通知する「ストア内」のおすすめも表示される。「ストア内」では、好きなアルバム、アーティストあるいはジャンルを選ぶだけで、似たテイストを持つ曲がレコメンドされる。

 ミニプレイヤーは、より小さくなる一方、さらに多くの機能が搭載された。「次はこちら」ボタンで、次に再生される曲が確認できるほか、表示された曲以外をライブラリを開かなくても選択できる。

 iTunes Storeのデザインも刷新され、どのデバイスで購入しても、同じように表示され、同じように動作するようになっているとのこと。また一度プレビューした曲や、観た映画の予告編が、簡単に探せる「プレビュー履歴」も用意された。プレビュー履歴はiCloudに保存されるので、外出中にiPhoneでプレビューした曲を、自宅に帰った後にコンピュータでもう一度聴いたり、購入することもできる。

 さらにiCloudとの連携は強化されており、アルバムや曲、映画をどのデバイスで購入しても、MacやWindowsパソコンのiTunesライブラリですぐに視聴可能となっている。オフラインで視聴したい場合は「ダウンロード」ボタンで、コピーを作成しローカルに保存できる。また視聴途中で他のデバイス環境に移っても、続きから再生できるようになっている。

アップル、「iTunes 11」を公開……インターフェイスを全面刷新、クラウド連携強化

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)