年末年始休暇の平均は7.6日、昨年より0.8日増

生活・健康 その他

2012-2013年末年始の連続休暇日数(予定)
  • 2012-2013年末年始の連続休暇日数(予定)
  • 年末年始の予定は決まっていますか?
  • 国内旅行の旅行期間(予定)/国内旅行・帰省予定者の出発日と帰着日
  • 海外旅行の旅行期間(予定)/海外旅行・帰省予定者の出発日と帰着日
  • 旅行の予約を始めていますか?
  • 調査実施概要(回答者プロフィール等)
 フォートラベルは、同社が運営する「旅行のクチコミサイト フォートラベル」の会員を対象に、「2012-2013年 年末年始の過ごし方」に関するアンケート調査を実施し、結果を公開した。

 年末年始の休暇日数の平均は7.6日で、昨年と比較して0.8日増えている。最も多い休暇日数は「6日間」で26.2パーセント、続いて「9日間」が24.8パーセント、「7日間」の9.5パーセントとなった。予定別の過ごし方では、「海外旅行」の平均がもっとも長く9.1日で、「国内旅行」の8.3日、「日帰り旅行」の7.3日、「帰省」の7.2日と続いた。

 年末年始の予定が決まっている人は83.4パーセントで、まだ過ごし方を決めていない人は16.6パーセントだった。予定が決まっている人で、過ごし方のうち最も多かったのは「自宅中心で過ごす」で34.1パーセントだった。続いて「海外旅行」が26.0パーセント、「帰省」が20.5パーセント、「国内旅行」が12.7パーセントで続いた。

 国内旅行の旅行期間は平均「3.8日」で、人気の行き先は「北海道」、「静岡県」、「神奈川県」の順になっている。また、「国内旅行」及び「帰省」予定者の出発日のピークは「12 月29日」と「12月30日」が同率で並んでおり、帰着日のピークは「1月2日」だった。

 海外旅行の旅行期間は平均「7.9日」で、その行き先は「アジア」がもっとも多く50.0パーセント、続いて「ヨーロッパ」が24.1パーセント。人気の旅行先は「タイ」が最も多く、続いて「台湾」、「フランス」が同率で2位、「韓国」、「アメリカ」が同率で3位となった。また、出発日のピークは「12月29日」で、帰着日は「1月6日」が多かった。

今年の年末年始、休暇日数の平均は7.6日…フォートラベル調べ

《浦和 武蔵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)