いつものノートをスマホでデジタル化「ショットドックスノート」発売

教育ICT モバイル

キングジム・ショットドックスノート
  • キングジム・ショットドックスノート
  • キングジム・ショットドックスノート
 キングジムは、クリアーファイルやホルダーに収納した書類を、スマートフォンを活用して簡単にデジタル化できるファイルシリーズ「ショットドックス」のノート版として、「ショットドックスノート」を12月19日より発売する。

 「ショットドックス」は、ファイルに入れた書類を必要に応じてスマートフォンで撮影して持ち出せる、デジタルとアナログを融合した「デジアナ文具」として、2012年8月に発売開始。今回発売する「ショットドックスノート」は、「ショットドックス」のファイルシリーズから派生したノートとして、“いつものノートを、デジタル化しやすく”をコンセプトに開発。普段使いのスタンダードなノートとして、開きやすい無線とじノートの体裁や機能をそのままに、必要な時にデジタル化しやすい仕様になっている。

 使用方法は、スマートフォン専用アプリ「SHOT DOCS App」(無料)を起動し、ノート撮影モードに切り替え「ショットドックスノート」のページを撮影。この時、ノート中心部の帯とデスクの背景を認識することによって、ノートを自動で撮影し簡単にデジタル化できる。取り込んだノートは、補正された画面ぴったりの画像データとして、メール送信やクラウドサービスにアップロードすることも可能。

 サイズはA5とセミB5の2タイプ、表紙色はそれぞれアオ、クロ、オレンジの3色。価格はA5が147円、セミB5が157円。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)