コンテン堂、詩集・児童書300冊の電子書籍を低価格で配信開始

教育ICT インターネット

地球へのピクニック(谷川俊太郎)
  • 地球へのピクニック(谷川俊太郎)
  • 魔女シリーズ(橋立悦子)
  • ギリシャ神話「星座物語」(洒井友身)
  • コンテン堂
 アイプレスジャパンは、12月19日より、電子書籍サイト「コンテン堂」において、詩集・児童書の老舗出版社である銀の鈴社のコンテンツを配信すると発表した。

 4月までに順次300冊を電子書籍化。優良コンテンツの普及促進のために、販売価格を低く抑え、紙書籍の約3分の1にて展開するという。電子書籍用標準フォーマットのEPUB3形式を採用することで、パソコンやタブレット、スマートフォンなどで快適に読書を楽しむことができる。

 12月19日時点での配信コンテンツは、詩集約60冊、伝記約10冊、エッセイ約10冊、ファンタジー約10冊、童話約20冊、教育書約10冊となっている。

【主な推奨コンテンツ】
◆地球へのピクニック
著者:谷川俊太郎
本年度の教科書にも掲載されているが、教科書改訂を繰り返してもほぼ毎回載っている詩集。詩人は谷川俊太郎。「生きる」という詩は震災後にも様々なところで紹介された。全国学校図書館協議会選定 学校図書館ブッククラブ選定。

◆魔女シリーズ(童話 全16巻)
著者:橋立悦子
小学校の教諭が作者の「魔女シリーズ」。先生になったあわてんぼう魔女のエッちゃんが、相棒の白ネコのジンと繰り広げる大冒険。日々、子どもと接する作者が描いた世界なので子どもたちからも人気。物語を通して「人として生きるための大切なもの」を教えてくれる。

◆ギリシャ神話「星座物語」(12星座別の本)
著者:洒井友身
複雑なギリシャ神話を、愛をテーマにわかりやすい星座別の物語にしたロングセラー。豊富な挿絵で、西洋文化の礎を、世代を超えて味わえる。星座別にすることで、自分の誕生日について知る楽しみもある。
※12冊中、一部現在制作中

◆タロ・ジロは生きていた
著者:藤原一生
第一次南極越冬隊のノンフィクション。かつての映画「南極物語」はこの本を元にして作られた。当時の写真とともに書かれた実話。
電子書籍版価格は各350円
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)