官邸に「教育再生実行会議」を発足、いじめ対策など議論

教育・受験 その他

下村文部科学大臣 1月8日の会見
  • 下村文部科学大臣 1月8日の会見
  • 文部科学省のホームページ
 下村文部科学大臣は1月8日の会見で、官邸に「教育再生実行会議(仮称)」を来週中にも設置すると発表した。

 会議では、「いじめ問題対策」「教育委員会の抜本的改革」「大学の質や量など抜本的見直し」を中心に議論し、夏の参院選前までの提言取りまとめを目指すという。

 会議の本部長は安倍首相が務める。有識者委員には、早稲田大総長の鎌田薫氏、アメリカンファミリー生命保険最高顧問の大竹美喜氏、熊本県知事の蒲島郁夫氏、スポーツコメンテーターの武田美保氏らが内定しており、残る11人は8日中に決定する予定。

 下村大臣は、「抜本的な教育改革にまで踏み込み、議論だけでなく着実に実行までうつしていきたい。後に2013年が教育改革のスタートとなったと評価されるように取り組んでいきたい。」と抱負を語った。

《楠原 恵子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)