日産、本社に託児施設開設で「いつでも復職できる体制」を整備

日産自動車は1月29日、横浜市の本社に事業所内託児施設を開設し、報道陣に公開した。ダイバーシティディベロップメントオフィスの桐竹里佳室長は「仕事と子育てを両立していける環境を整えることで、よりパフォーマンスを発揮できる状況を目指していく」としている。

生活・健康 その他
日産自動車・桐竹里佳室長
  • 日産自動車・桐竹里佳室長
  • 日産の事業所内託児施設「まーちらんど・みなとみらい」
  • 日産の事業所内託児施設「まーちらんど・みなとみらい」
  • 日産ダーバーシティ取組説明会
  • 日産ダイバーシティ取組説明会
  • 日産の事業所内託児施設「まーちらんど・みなとみらい」
日産自動車は1月29日、横浜市の本社に事業所内託児施設を開設し、報道陣に公開した。ダイバーシティディベロップメントオフィスの桐竹里佳室長は「仕事と子育てを両立していける環境を整えることで、よりパフォーマンスを発揮できる状況を目指していく」としている。

日産では女性の積極活用や外国人の登用などのダイバーシティの取り組みを進めており、桐竹室長によると、その成果として「2004年に退職した女性のうち子育てを理由にしたものが22%あったが、直近では4%と、ほとんどいない状況になった」という。

その一方で「首都圏エリアでの託児所の不足は深刻で、日産の女性従業員もその点については同様の悩みを抱えている。(育児で)休職中の社員にとっては復職時期を決めるカギが託児所を確保できるかどうかにかかっている」と指摘。

このため日産では2005年に厚木市にある日産テクニカルセンターに事業所内託児施設を初めて開設し、「今、42名の定員いっぱいの状況」という。また2012年10月に同じく厚木市になる日産グローバルインフォメーションセンターにも設置。今回、3か所目となる施設を本社内に新設した。

本社6階の社員食堂フロアの一部を改装した。受け入れ保育定員は6名。桐竹室長は「こうした施設を持つことによって、従業員がいつでも復職できる体制を整えたい」と話す。

日産、本社に事業所内託児施設を開設…仕事と育児の両立を支援

《小松哲也@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)