春休み子ども料理教室「お弁当を作ろう」&講演会を3/27開催

生活・健康

春休み 子ども料理教室「お弁当を作ろう」&講演会「だから食育なんだ」
  • 春休み 子ども料理教室「お弁当を作ろう」&講演会「だから食育なんだ」
  • 春休み 子ども料理教室「お弁当を作ろう」&講演会「だから食育なんだ」
  • 「弁当の日」イメージ
 「弁当の日」応援プロジェクト事務局は3月27日、子ども料理教室と大人向けの講演会を開催する。対象は新4年生以上の小学生で、参加費は1,000円。講習会の参加は無料。

 「弁当の日」とは、2001年香川県の小学校校長 竹下和男氏(当時)が提唱。子どもが自分で弁当を作って学校に持ってくるという取り組みで、自分で何を作るかを決め、買い出し、調理、片付けも自分で行うというもの。親も先生も出来具合を批評も評価もしないという約束となっているという。この取組みを通じ、子どもたちは感謝の心を知り、自己肯定感が育まれているという。

 同事務局は、この取組みを推進することを目的に大阪ガス、クリナップ、積水ハウス、全国農業協同組合連合会、東京ガスの協賛により2012年4月に発足。現在は全国の「弁当の日」実施校も1,100校を超えるまでの広がりを見せているという。

 同事務局は春休みにあたる3月27日に、子ども料理教室と大人向けの講演会を開催する。子どもたちが料理をしている間に、保護者は西日本新聞社編集委員 佐藤弘氏による講演会「だから食育なんだ」に参加できる。なお弁当箱、エプロン、バンダナは持ち帰りできるという。

◆春休み 子ども料理教室「お弁当を作ろう」&講演会「だから食育なんだ」
日時:3月27日(水)10:30〜12:30
場所:東京ガス Studio +G GINZA(東京都中央区)
対象:新4年生以上の小学生と保護者、講演会のみ参加の大人
参加人数:小学生親子36組、講演会参加者:大人50名
参加費:子ども1,000円・大人無料(弁当箱・エプロン・バンダナのプレゼント付き)
応募方法:Webサイト、ハガキ、FAXにて
応募締切:3月18日(月)※応募者多数は抽選。当選者には参加証を送付
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)