中央大学入試、5科目で出題ミス…英単語の誤記で問題が成立せず

教育・受験 受験

統一入試・法学部、経済学部、商学部、文学部、総合政策学部「外国語(英語)」
  • 統一入試・法学部、経済学部、商学部、文学部、総合政策学部「外国語(英語)」
  • 一般入試・法学部  国際企業関係法学科「世界史B」
  • 一般入試・法学部政治学科「世界史B」
  • 一般入試・法学部政治学科「日本史B」
  • 一般入試・法学部政治学科「政治・経済」
 中央大学は、2013年度入学試験のうち、統一入試および一般入試(法学部国際企業関係法学科、法学部政治学科)において、出題に関する誤りがあったことが判明。中央大学は、再発防止に努めていくと発表した。

 出題ミスがあったのは、2月9日に実施した統一入試(法学部、経済学部、商学部、文学部、総合政策学部)の「外国語(英語)」。4者択一の選択肢において、「every day」とすべきところを「everyday」と誤記。不適切な文となってしまい、問題が成立しなくなったことが判明した。

 同大学では、当該問題について全員に得点を付与。全員が受験する必須科目であることなどから、受験者に有利・不利が生じることはないとしている。

 また、11日に実施した一般入試・法学部国際企業関係法学科の「世界史B」、13日に実施した一般入試・法学部政治学科の「世界史B」「日本史B」「政治・経済」でも、設問文中に誤記があるなど、出題ミスがあったことが発覚。受験者全員に得点を与えるなどの対応措置をとった。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)