大阪市、予防接種および乳児一般健康診査に関する申込書や受診票を紛失

 大阪市は、乳幼児への予防接種および乳児一般健康診査に関する申込書の紛失が判明したと発表した。

生活・健康
大阪市によるリリースページ
  • 大阪市によるリリースページ
大阪市は3月26日、乳幼児への予防接種および乳児一般健康診査に関する申込書の紛失が判明したと発表した。大阪市では、同事業について市内の医療機関に委託して実施しているが、3月19日に委託医療機関から申込書および受診票を紛失したとの報告があったという。委託医療機関では、申込書はいつも決まったファイルに入れ、決められた棚に保管していたが、2月26日の予防接種を行った申込書をファイルに保管しようとしたところ、2月以降に実施した分の申込書がファイルごとなくなっていることが判明した。

また、同じファイルに入れて保管していた受診票も一緒になくなっていた。その後、医療機関において事務所内を徹底的に捜索しているが、現在のところ発見には至っていない。紛失した個人情報は、「予防接種実施申込書(報告書)」111枚(67名分)の被接種者氏名、保護者氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、接種した予防接種の内容。また「乳児一般健康診査受診票(前期分および後期分)」13枚(13名分)の乳児氏名、保護者氏名(前期分のみ)、性別(後期分のみ)、生年月日、住所、電話番号、健診結果、子どもの状況(問診票)。

乳幼児への予防接種などの申込書、委託先の医療機関で紛失が判明(大阪市)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)