高校生対象のTOEICエッセイコンテスト、テーマは「私にとっての身近な異文化」

 日本でTOEICプログラムを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、高校生を対象とした英語エッセイコンテスト「第5回IIBC TOEICエッセイコンテスト」を開催すると発表した。

教育・受験 その他
IIBC TOEICエッセイコンテスト
  • IIBC TOEICエッセイコンテスト
  • IIBC TOEICエッセイコンテスト・昨年の表彰式
 日本でTOEICプログラムを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、高校生を対象とした英語エッセイコンテスト「第5回IIBC TOEICエッセイコンテスト」を開催すると発表した。

 同コンテストは2009年に初めて実施され、昨年度は国内・海外より、個人参加の本選には73校・109作品、学校単位の奨励賞には19校・1,406作品の応募があったという。

 今回募集するコンテストのテーマは、「私にとっての身近な異文化」、家族や友人など身近な相手とのコミュニケーションにおいてどのような異文化と出会い、何を感じ、どのように異文化を持つ相手とのコミュニケーションギャップを乗り越えたかを英語で表現する。

 応募資格は日本の高等学校、高等専門学校(1~3年)および中等教育学校(4~6年)に在学する生徒。作品を英語で501~700語にまとめてTOEICエッセイコンテストサイトより事務局宛にメールで送付する。応募期間は6月3日~9月6日。

 表彰は、最優秀賞、優秀賞、優良賞が各1名、特別賞が5名のほか、20名以上の生徒の応募があった学校と先生に奨励賞が贈られる。審査の結果は10月18日にTOEICエッセイコンテストサイトで発表の予定。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)