子どもたちの絵やセリフをつなげて映像化「ドリームリレームービー」開催

教育・受験 その他

ドリームリレームービー・キャラ、アイテム、セリフを描いてみよう
  • ドリームリレームービー・キャラ、アイテム、セリフを描いてみよう
  • ドリームリレームービー
  • ドリームリレームービー
  • ドリームリレームービーの流れ
 8歳から12歳の子どもを対象に、Webで集まった絵やセリフをワークショップでひとつのストーリーにつなげ、プロの監督が映像化するプロジェクト「ドリームリレームービー」が開催される。参加は無料だが予約は必要。

 プロジェクトは「ソーシャル知育」というコンセプトのもと、子どもたちが「つながり」を体験しながら「未来をつくるチカラ」を伸ばす取り組み。トヨタ自動車が協力するほか、NPO法人CANVASが監修。Web上で投稿された絵やセリフを使い、子どもたちがグループワークの形式で想像力を膨らませながら、奇想天外な物語を作り上げていくという。

 ワークショップは5月19日の東京を皮切りに、8月下旬まで全4回を予定。出来上がったストーリーは映像化し、プロジェクトサイトおよび「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」での上映を予定しているという。

◆ドリームリレームービー
開催場所:全国4か所(東京、福岡、金沢、夕張)
対象年齢:8~12歳(保護者の同席が必要)
参加費:無料
【第1回ワークショップ @ 東京】
開催日時:5月19日(日)10:00~17:00
開催場所:品川エトワール女子高等学校
定員:25名
申込み:Webサイトより
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)