【夏休み2022】サマーキャンプ「Scratchでコーディング」

 キッズクリエイティブ研究所は、サマーキャンプ2022「Scratchでデイリーコーディング」を2022年7月31日と8月11日にCANVAS竹芝オフィスで開催する。対象は小学3年生~中学生、定員は20名。申込みはWebサイトにて先着順。

教育イベント 小学生
サマーキャンプ2022「Scratchでデイリーコーディング」
  • サマーキャンプ2022「Scratchでデイリーコーディング」
 キッズクリエイティブ研究所は、サマーキャンプ2022「Scratchでデイリーコーディング」を2022年7月31日と8月11日にCANVAS竹芝オフィスで開催する。対象は小学3年生~中学生、定員は20名。申込みはWebサイトにて先着順。

 今回は、コーディング(プログラミング)がどういうものか、個人的な気持ちや出来事の切り取りをコードで表すことでコーディングをより身近に日常的なものにする「デイリーコーディング」に挑戦する。プログラミング学習ソフトのScratchを使い、クリエイティブスクラッチャーから用意されたオリジナルのテーマに取り組んでいく。

 「Scratchでデイリーコーディング」の講座は2日間開講。1日目の7月31日は、Scratchの基本から始まり、デイリーコーディングのテーマを楽しむための要点を伝授。そして、翌日から10日間、全10個のテーマが出題され、1日1個ずつ取り組んでいく。この10日間のワークショップの期間は、子供たちが自由に集まれる自習室をオンライン上で開くことも計画されている。毎日取り組めなくても問題なく、可能な範囲で進めることができる。

 2日目の8月11日は、集大成の日として、自分や仲間の今までの取組みからヒントを得て、ひとりひとりが思いきりScratchで描いていく。 Scratchは、ブロックプログラミングとも呼ばれ、直感的にブロックをつないでいくことでプログラミングするプログラミング学習ソフト。受講する際には、Scratchアカウントが必要なため、アカウントがない対象者は1日目にアカウントを作成する。

 対象は、7月31日と8月11日の両日とも参加が可能な小学3年生~中学生。7月31日と8月11日の間の10日間は、テーマに取り組む日として設けられている。定員は20名。申込みは、Webサイトの申込フォームより行う。当日の集合、服装、キャンセル等の詳細についてWebサイトでの確認が必要。

 なお、開催にあたり、感染対策として会場内の換気や消毒、スタッフの健康管理やマスク着用が義務とされる。参加者には、会場内のマスク着用、入室前の手洗い・うがいの徹底、検温、アルコール消毒等の協力が求められる。また、会場内の密を避けるため、見学は保護者1名までとされる。今後の感染症の感染拡大の状況により、オンライン開催も検討される。

◆Scratchでデイリーコーディング
日程:2022年7月31日(日)、8月11日(木・祝) 
※宿泊施設なし
※ワークショップの期間(8月1日~10日の10日間)もデイリーコーディングの取組みあり
時間:13:00~16:00(180分)
会場:CANVAS竹芝オフィス(東京都港区海岸1-7-1東京ポートシティ竹芝オフィスタワー8階CiP内)
対象:2日間とも参加できる小学3年生~中学生
定員:20名
参加費:3万円(税込)
申込み:Webサイトにて先着順
持ち物:飲み物、汚れてもいい服、Scratchアカウントがない場合は保護者のメールアドレスとそのメールを受信できる機器(スマホ等)
※受講にはScratchアカウントが必要(1日目に作成可)
※保護者1名の見学スペースあり
※当日の集合、キャンセル料、欠席対応等の詳細についてはWebサイトにて確認


《日高紋佳》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top