JR東、サービス向上を目的にiPad mini7,000台を導入

デジタル生活 モバイル

「iPad mini」
  • 「iPad mini」
  • 「JR東日本」サイトトップページ
 ソフトバンクテレコムは13日、東日本旅客鉄道(JR東日本)に「iPad mini」(Wi-Fi + Cellularモデル)7,000台を納入することを発表した。

 乗務員(運転士・車掌)が利用するもので、輸送障害時の迅速な対応や案内などのサービス向上が狙い。今後は、列車の遅延などで乗務員の担当列車が変更になる場合に、乗務員が携行するiPad miniに新たな列車の時刻表を直接送付する。

 ソフトバンクテレコムは、乗務員が常時携行するマニュアル類の電子化をサポートし、コンテンツの更新・管理作業の軽減を図る。そのほか、各種コンテンツやアプリケーションを活用した新たなサービスの提供なども行う。

JR東日本、iPad mini7,000台を導入……マニュアル類を電子化、SBテレコムがサポート

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)