大宮で5/25「鉄道ふれあいフェア2013」、試乗や運転会も

生活・健康 交通・クルマ

「鉄道ふれあいフェア2013」のパンフレット。
  • 「鉄道ふれあいフェア2013」のパンフレット。
  • 2012年に開催された「鉄道ふれあいフェア」の様子。東海道本線全線電化時の塗色(青大将色)を再現したEF58 93などが展示される。
JR東日本は、大宮総合車両センター(さいたま市大宮区、大宮駅西口から徒歩約12分)の一般公開イベント「鉄道ふれあいフェア2013」を5月25日に開催する。開催時間は9時30分から15時30分(入場は15時)まで。

当日は電気機関車と電車が展示される。電気機関車は車両センターで保存しているEF58形93号機やEF60形510号機、EF80形36号機のほか、田端運転所に所属しているEF65形1115号機とEF81形133号機も展示される。電車は3月まで日光線で運転されていた107系が展示され、特急「踊り子」などで使用している185系の試乗会も行われる。

このほか、車両修繕作業の実演や鉄道模型の運転会、ミニSLやミニ新幹線の運転会、鉄道車両部品の販売、工事用車両の試乗会なども行われる。

JR東日本、大宮総合車両センターの一般公開イベント実施…5月25日

《草町義和@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)