ヤフーへの不正アクセス、最大2200万IDが流出し148万6千件は「秘密の質問」なども

デジタル生活 インターネット

ヤフーによる追加発表
  • ヤフーによる追加発表
  • ヤフーでは該当IDかどうかを確認するページも提供中
  • 「もっと安全ガイド」トップページ
 ヤフーは23日、同社サーバに対して行われた不正アクセスについて、追加発表を行った。

 5月17日発表では、最大2200万ID(Yahoo! JAPAN総ID数 約2億)が外部に流出した可能性が高いとしていたが、そのうちの148万6千件について、「不可逆暗号化されたパスワード」「パスワードを忘れてしまった場合の再設定に必要な情報」の一部が流出した可能性が高いことが明らかとなった。

 「不可逆暗号化されたパスワード」は、入力されたパスワードとの照合に使われる情報だが、これ自体からパスワードを導き出すことはできない。そのため、流出情報だけではYahoo! JAPAN IDを使ってログインすることは不可能だ。

 これを受け、ヤフーでは23日19時より、秘密の質問を利用してパスワードを再設定するための機能を一時的に停止させた。また、対象のIDの利用者に対して、24日早朝に、強制的にパスワードと秘密の質問をリセットした。

ヤフー、サーバ不正アクセスで暗号化パスワードも流出か……148万6000件が該当

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)