新生銀行を騙るフィッシングメール、対策協議会が注意喚起する文章を公開

デジタル生活 インターネット

偽サイトの画面
  • 偽サイトの画面
  • 新生銀行を騙った偽メールの内容
 フィッシング対策協議会は29日、新生銀行を騙るフィッシングメールが出回っているとして、注意喚起する文章を公開した。

 それによると、「Access to your online account has been suspended」というタイトルのメールが出回っており、29日12時現在も、フィッシングサイトは稼働中だとしている。

 メール本文には、短縮URL「http://tinyurl.com/●●」が使用されており、リンクをクリックするとフィッシングサイトに転送される。転送されるURLは、「http://●●.com/floreseborboletas/thumbnails/japaneseupd/login_index.htm」「http://www.●●.com/floreseborboletas/thumbnails/japaneseupdat/login_index.htm」「http://●●.net/images/index_shinsei_2805_6.html」など。リンク先では、口座番号、暗証番号、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)パスワード、セキュリティ・カード裏面に記載された英数字などの入力を求められる。

 同協議会ではJPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼したとしている。また、類似のフィッシングサイトが今後も公開される可能性があるとして注意を呼びかけている。


新生銀行を装った詐欺メール・詐欺サイトについてのご注意
http://www.shinseibank.com/info/news130528_secure.html

新生銀行を騙るフィッシングが出現……英文メールと英文サイト、現在も稼働中

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)