小学生未満のスマホ・タブレットユーザー、知育アプリを5割以上が活用

デジタル生活 モバイル

子どもが利用している端末の所有者
  • 子どもが利用している端末の所有者
  • 家族で所有するスマートフォンやタブレットを子どもが利用している割合
  • 子どもによる、アプリの利用頻度
  • 子どもにアプリを使わせる理由
  • 親が子どもによく使わせるアプリ
  • 子どもたちがアプリを多く利用する時間帯
 タカラトミーエンタメディアは12日、小学生未満(0~6歳)の子どもと、スマートフォン/タブレットとの関係を調査した結果を発表した。

 調査期間は6月7日~10日で、スマートフォンもしくはタブレットを所有し、小学生未満(0~6歳)の子どもがいる全国の20歳~45歳男女375人から回答を得た。それによると、父親、母親をはじめ、家族で所有するスマートフォンやタブレットを子どもが利用している割合は43%。内訳としては、スマートフォン(23.7%)、タブレット(13.3%)、スマートフォン・タブレットいずれも(6%)となっている。

 スマートフォンもしくはタブレットを利用している子どものうち、アプリの利用頻度は、「毎日(週に7日)」(39.5%)、「ほとんど毎日(週に4~6日程度)」(21.6%)となっており、これらをあわせると約6割がほぼ毎日スマートデバイスを使用していることとなる。

 子どもが利用している端末は、スマートフォンの場合は、「父用」(41.9%)と「母用」(37.6%)、タブレットの場合は、「家族共用」(36%)が利用している端末の中心だった。ただし「スマートフォン(子ども用)」(19.5%)、「タブレット(子ども用)」(9.6%)も存在した。

 子どもにアプリを使わせる理由は、「子どもが喜び、楽しそうだから」(66.1%)、「子どもにやりたいとせがまれるから」(44.3%)、「子どもの役に立つと思ったから」(42.1%)など。内訳は「子ども用ゲームアプリ」(70.1%)を筆頭に、「知育アプリ」(52.8%)、「動画アプリ」(42.4%)、「大人が使うゲームアプリ」(41.9%)、「お絵かきアプリ」(35.2%)などとなっている。子どもたちがアプリを利用する時間帯は、
平日・休日ともに、「夕食後」がトップだった。

スマホを使う小学生未満の子ども、約2割は「自分の専用機」

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)