京都大学、中学生250名対象に体験型・討論授業9/14-15

教育・受験 学習

京都大学ジュニアキャンパス2013
  • 京都大学ジュニアキャンパス2013
  • スケジュール
  • 昨年の模様
  • 中学生向けゼミ・若手研究者特別ゼミ一覧
 京都大学は、京都市および近郊の中学生とその保護者などを対象に、特別講義やゼミを行う「京都大学ジュニアキャンパス2013」を9月14日、15日に開催する。

 「京都大学ジュニアキャンパス」では、特別講義、中学生向けゼミ、若手研究者特別ゼミ、大学院生等によるポスターセッション、特別協賛ゼミを開催。今年のテーマは「ひらけ! 好奇心の玉手箱」とし、中学生たちが、学問の最先端を研究している現場で、楽しさや面白さを感じてもらい、自分の興味のあることを深め、将来学びたいことを考えたりするきっかけになってほしいという。

 今回は法律、言語、理学、工学、医学などさまざまな分野から、実験、工作、自然観察といった体験型の授業や討論を通した授業などを用意する。また、特別講義には文学研究科の南川高志教授が登壇。「古代ローマ人の世界と私たちの世界」と題し、漫画「テルマエ・ロマエ」や映画「ハリー・ポッター」の話題も交え、ローマ帝国の虚像と実像について、わかりやすく解説する。

◆京都大学ジュニアキャンパス2013
日時:9月14日(土)・15日(日)
場所:京都大学吉田キャンパス、宇治キャンパス、桂キャンパスほか(講義室、実験室、実習室および研究室等)
対象:京都市およびその近郊の中学生(その保護者や教師等も参加可)
参加費:中学生・保護者等ともに3,000円
募集定員:中学生約250名程度(保護者等を含め約400名程度)
申し込み方法:郵送のみ
締切:8月9日(金)
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)