合宿など夏休みの移動が多い学生向けに、鉄道や名所とコラボするUNO企画登場

生活・健康 その他

UNO(1029円)
  • UNO(1029円)
  • UNO(1029円)
  • UNO(1029円)
「バービー」や「ホットウィール」、「きかんしゃトーマス」などのトイシリーズを展開するマテル・インターナショナルは、7月15日から「UNO☆夏の合宿活動サポート宣言!」キャンペーンを展開。同社への取材で、鉄道や名所とコラボするUNOが企画されていることがわかった。

「例えば富士山や浜名湖といった高速道路から見える絶景や、新幹線や特急などを絵柄にしたUNOを登場させたら、移動がさらに盛り上がるのではないか。そんなアイデアから、今後“鉄道UNO”や“高速UNO”などが登場するかもしれない」と同社。

楽天リサーチ社が2012年末、男性40人・女性40人に行なったアンケート集計によると、所有するテーブルゲームの順位でUNOは3位(全体の48.4%)。1位のトランプ(85.8%)、2位のオセロ(60.6%)に次ぐ。

「例年、夏休み前になるとUNOの売行きがよくなる。電車や新幹線を使った旅行や、渋滞を覚悟したクルマでの帰省にあわせて購入する人が多い」(マテル社)

こうした背景から、「ことしの夏はまず、クルマや鉄道を利用して移動する学生たち向けに、キャンペーン『UNO☆夏の合宿活動サポート宣言!』を7月15日から展開。このキャンペーンに応募すれば、UNOを1セットプレゼント。そのUNOで盛り上がってるシーンをSNSなどで投稿してほしい」と同社。

「今後は、子どもたちにもUNOを親しんでもらえるように、鉄道UNOなどのような、カード自体にキャラクターを載せたものも企画中。アニメともコラボする可能性もある」とも同社は話していた。

【夏休み】鉄道や観光名所とコラボしたUNO、企画中

《大野雅人@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)