八ヶ岳の星空の下で「レ・ミゼラブル」…夏休みに星空の映画祭ツアー

趣味・娯楽 その他

『レ・ミゼラブル』 -(C) 2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
  • 『レ・ミゼラブル』 -(C) 2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
  • 星空の映画祭
  • 星空の映画祭
  • 星空の映画祭会場
  • 星空の映画祭
昨年、シネマカフェと「星空の映画祭」がコラボし、好評を博した「星空の映画祭」オフィシャルツアーを、この夏も開催することが決定。高原にひと夏の間だけオープンする “天然の映画館”で、今年は名作『レ・ミゼラブル』を堪能する。

長野県・八ヶ岳の麓で28年も前から続く夏の恒例野外イベント、「星空の映画祭」。大型スクリーンを完備した八ヶ岳自然文化園が、星空の下の “天然の映画館”となり、毎年、各地から多くの映画ファンが集う、開放感とロマンチックな雰囲気で人気の野外映画祭だ。

これまで日本全国の映画祭を応援してきたシネマカフェでは、昨年同様、本映画祭のオフィシャルメディアパートナーとして応援しています。今年は映画祭最終日の週末、8月24日(土)・25日(日)に1泊2日でツアー(旅行企画・実施 JTBコーポレートセールス)を実施し、ヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイら出演の第85回アカデミー賞3部門受賞作『レ・ミゼラブル』を鑑賞する。

また、同映画祭では、35ミリフィルムでの上映にこだわりを見せており、ほかにもウディ・アレン監督のアカデミー賞受賞作『ミッドナイト・イン・パリ』、山村が舞台となる『おおかみこどもの雨と雪』、ジャッキー・チェンの迫力満天アクション『ライジング・ドラゴン』などの厳選作を大迫力の野外スクリーンで見ることができる。

澄んだ空気がより一層星たちを瞬かせる幻想的な夏の夜空の下、屋根のない“天然の映画館”だからこそ味わえる、“非日常”。そんなプレミアムな映画体験を、この夏のメインイベントにしてみない?

『レ・ミゼラブル』を夜空の下で観る! 「星空の映画祭」ツアー、今年も開催

《text:cinemacafe.net》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)