小学校教師の「今」がわかるシンポジウム8/20

 日本標準教育研究所は、8月20日(火)に小学校教師の現状と課題について学識者と現場教師が語るシンポジウムを開催する。参加費は無料で、事前申込みが必要。

教育・受験 学校・塾・予備校
イベントちらし(表)
  • イベントちらし(表)
  • イベントちらし(裏)
 日本標準教育研究所は、8月20日(火)に小学校教師の現状と課題について学識者と現場教師が語るシンポジウムを開催する。参加費は無料で、事前申込みが必要。

 教育の向上とよりよい学校づくりを目指す同研究所は、今後の提言・教材づくりに生かしていこうと、現在の学校・先生方の現状を調査するため、2012年から2013年に「小学校教師の意識についてのアンケート」を3回に分けて実施。このアンケートを集計・分析した結果、小学校教師の多忙な毎日の解消と、同僚性の回復の必要性という大きな課題が浮かび上がってきた。

 シンポジウムでは、この調査結果を報告し、ジャーナリストの目から見た学校・教師の現状の報告と、課題克服について学識者と現場教師が語り合う。

◆日本標準教育研究所主催シンポジウム「小学校教師は、今!」
日時:2013年8月20日(火)14:00~16:30
会場:京橋プラザ区民館 多目的ホール(東京都中央区銀座1丁目25番3号)
対象:小学校教員、その他教育関係者
定員:200名(定員になり次第、受付を締め切る)
参加費:無料
申込方法:FAXもしくは、参加申込みフォームより申し込む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)