小学生以上対象「親子で井の頭池たんけん」9/21参加者募集

 井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)は、小学生以上とその家族を対象とした観察会「親子で井の頭池たんけん」を9月21日に開催する。身近な水辺の生き物の観察を通して、都市の水辺環境の変化や外来種問題について考える。

教育・受験 学習
親子で井の頭池たんけん(昨年の様子)
  • 親子で井の頭池たんけん(昨年の様子)
  • 井の頭自然文化園(webサイト)
 井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)は、小学生以上とその家族を対象とした観察会「親子で井の頭池たんけん」を9月21日に開催する。

 水生物園は、水生物館、ハクチョウの池、水禽舎など、水に関係のある施設が集められ、水生物館では、魚類ばかりでなく、両生類、昆虫、植物など、淡水の水辺の生き物を幅広く展示。ミヤコタナゴなどの希少種の繁殖にも力を入れている。

 当日は、井の頭自然文化園・水生物園(分園)を会場に、双眼鏡でのカメ観察、カゴワナでの採集、水生物館見学、アメンボ釣りなどを実施。身近な水辺の生き物の観察を通して、都市の水辺環境の変化や外来種問題について考える機会を提供する。

◆親子で井の頭池たんけん
日時:9月21日(土)10:00~15:00
会場:井の頭自然文化園・水生物園(分園)
対象:小学生以上とその保護者
定員:30名
持ち物:弁当・飲み物・帽子
締切:9月12日(木)
応募方法:往復はがきまたはメール
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)