Googleストリートビューが47都道府県の主要市街地に対応

 グーグルは26日、「Googleマップ」の機能の1つである「ストリートビュー」について、提供対象地域を拡大した。青森県、秋田県、茨城県、栃木県、三重県、和歌山県、山口県、大分県、佐賀県の9県内におけるストリートビューの提供地域を大幅に拡大した。

デジタル生活 その他
ストリートビュー提供地域の比較例
  • ストリートビュー提供地域の比較例
  • スペシャルコレクション:熊野参詣道  伊勢路(馬越峠)
  • 今回追加されたスペシャルコレクション一覧
 グーグルは26日、「Googleマップ」の機能の1つである「ストリートビュー」について、提供対象地域を拡大した。青森県、秋田県、茨城県、栃木県、三重県、和歌山県、山口県、大分県、佐賀県の9県内におけるストリートビューの提供地域を大幅に拡大した。

 秋田県、栃木県、三重県、和歌山県、山口県、大分県、佐賀県の7県について、同県内の主な市街地に対応した。これにより、日本全国47都道府県の主な市街地が、ストリートビューで閲覧可能になったとのこと。

 さらに、ストリートビュー「スペシャルコレクション」として、世界遺産である「熊野参詣道」(中辺路 大門坂・滝尻王子-継桜王子、伊勢路ツヅラト峠・馬越峠)が公開された。そのほかにも全国の観光地や寺社仏閣、大学施設などの58か所が公開されている。

Googleストリートビュー、47都道府県の全主要市街地に対応……対象エリアを大幅拡大

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)