【高校受験2014】徳島県公立高校の学校・学科別募集定員、前年度比105人増

教育・受験 受験

全日制募集定員
  • 全日制募集定員
  • 定時制募集定員
 徳島県教育委員会は10月28日、平成26(2014)年度公立高校の学校別・学科別募集定員を発表した。全日制は前年度比105人増の6,330人、定時制は前年度と同数の370人募集する。

 県教育委員会によると、来春に全日制公立高校を受検予定の中学3年生は約6,400人、推計競争率は1.017倍を見込む。

 公立高校の募集定員は、全日制が31校と3分校で計6,330人。定時制は6校で計370人募集する。特色選抜、一般選抜の募集定員は、11月中旬に発表される予定。

 募集人員増をする公立高校は、富岡西(普通科)と板野(普通科)でそれぞれ20人増、川島(普通科)で15人増、城西(本校・総合科)と徳島商業(会計情報科)、小松島(普通科)、那賀(普通科)、阿波(普通科)、脇町(普通科)、池田(普通科)吉野川でそれぞれ10人増、徳島科学技術(建設技術類科)、小松島西(本校・商業科)、阿南工業(機械科)でそれぞれ5人増、計145人増となる。

 募集人員減をする公立高校は、鳴門(普通科)で20人減、名西(普通科)で15人減、小松島西(勝浦・園芸福祉科)、海部(情報ビジネス科)で5人減、計40人減となる。

 なお、つるぎ高校(貞光工業高校と美馬商業高校を統合)の定員は統合前の2校合計と同数となる。

 選抜日程は、一般選抜の学力検査が3月11日で、結果の通知は3月18日に行う。特色選抜の学力検査は2月6日、結果の通知は2月15日に行う。
《宮坂 英里》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)