【高校受験2014】滋賀県立高校の募集定員、前年度比160人増

教育・受験 受験

募集人員増をする学校・学科
  • 募集人員増をする学校・学科
  • 募集人員減をする学校・学科
  • 学科改編に伴い募集定員を変更する学校・学科
  • 農業・工業学科で募集定員を変更する学校・学科
  • 全日制募集人員一覧
  • 全日制募集人員一覧続き
 滋賀県教育委員会は11月1日、平成26(2014)年度県立高校の募集定員を発表した。前年度と比べて中学校卒業予定者数が230人増加することから募集人員を160人増やし、全日制46校で計10,680人募集する。

 全日制について、募集人員増をする学校は、石山、草津東、玉川、守山、水口東、甲西、虎姫、長浜北星の8校でそれぞれ40人増の計320人増となる。

 一方、募集人員減をする学校は、能登川、長浜北、長浜の3校でそれぞれ40人減の計120人減となる。

 信楽では学科改編のため、総合学科で80人増、普通科と工業学科は募集停止となる。

 湖南農業、八日市南、長浜農業3校の農業学科では、小学科改編に伴い、募集定員を変更する。湖南農業の農業科80人、食品科40人、花緑科40人、八日市南の農業科40人、食品科40人、花緑デザイン科40人、長浜農業の農業科80人、食品科40人、園芸科40人となっている。

 瀬田、彦根、八幡の3工業高校も同様に、小学科改編に伴い、募集定員を変更する。瀬田の機械科120人、電気科120人、化学工業科40人、彦根の機械科120人、電気科80人、建設科40人、八幡の機械科80人、電気科120人、環境化学科40人となっている。

 なお、定時制および通信制の募集人員は、前年度と変わらずそれぞれ320人ずつ募集するが、募集高校が変更となる。能登川の普通科昼間と夜間、瀬田工業の工業学科機械・電気科で定時制課程を設置し、それぞれ40人ずつの募集となり、彦根東、瀬田では募集を停止する。長浜北星は学科改編のため、総合学科で40人増、商業学科は募集停止となる。

 また、県教務課からは、県立高校の入試変更点と私立定員が公表されている。
《宮坂 英里》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)