石井克人監督の新作映画「ハロー!純一」、2/15より小学生以下無料にて公開

趣味・娯楽 その他

「ハロー!純一」の記者会見
  • 「ハロー!純一」の記者会見
  • 記者会見は元小学校の世田谷ものづくり学校で行われた
  • 記者会見の司会を務めたのは、子役の6名
  • 監督とキャスト(川口花乃子監督、吉岡篤史監督、石井克人監督、満島ひかり、森下能幸、森岡龍)
  • 子役たちからの質問に答える石井克人監督と満島ひかり
 石井克人監督の最新作「ハロー!純一」の記者会見が11月27日、都内で開催され、主役を務めた子役6人と満島ひかりらが登壇。2014年2月15日より小学生以下は無料で全国公開される同作品を紹介した。

 「ハロー!純一」は、純一ら小学生の仲良し6人組が、ギャル風の教育実習生、アンナ先生(満島ひかり)とともに、恋や夢や友達、家族のために活躍する青春コメディ。石井監督の母親・石井紀子氏が実話に基づいて書いた童話「ぼくのかみさまありがとう」に、川口花乃子監督と吉岡篤史監督が集めた実話を加え、1つのストーリーに仕上げたという。

 同作品を「小学生以下0円興行」で行うことについて石井監督は、「僕は小学生の頃、映画館に行けるほどのお小遣いがなかった。当時のテレビで『がんばれベアーズ』を見た時の衝撃を今でも覚えていて、今の小学生たちにもそういう体験をしてもらいたいと思った」と語り、小学生無料は最初から決めていたという。

 興行に関して、当初は自主映画としての公開を考えており、キャストやスタッフは、同監督の作品「スマグラー おまえの未来を運べ」(2011年)からのボランティア参加が多く、満島ひかりもその1人だ。しかし撮影に入り、満島を始め、ひとりひとりの演技を見るうちに商業化を検討。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーに相談し、ティ・ジョイ配給による全国95館上映となった。

 記者会見には、石井監督、川口監督、吉岡監督に加え、キャストの満島ひかり、森下能幸、森岡龍、仲良し6人組を演じる加部亜門(子役)、大嶋康太(子役)、堀田燿平(子役)、佐々木りお(子役)、西田光貴(子役)、椙杜翔馬(子役)、芽奈(子役)が登場。司会進行は子役らが協力して務め、廃校をリノベーションした「世田谷ものづくり学校」での会見は、教室でのグループ発表会のような和やかな空気に包まれた。

 密かに想いを寄せる女の子に借りた消しゴムを返せない、気弱な純一を演じた加部亜門は、「勇気づけられるところもあるし、笑えるし、泣けるところもあって、いいところがたくさん。心のどこかが動く映画になっているのでぜひ映画館で観てください」としっかりアピール。

 また、アンナ先生を演じた満島ひかりも、「子どもたちに映画館へ行って欲しいという気持ちは監督と同じだったので、少しでもお手伝いできればと参加した。エネルギーに満ち溢れた映画に仕上がっていて、見終わったらまた見たい、と思える作品。小学生以下なら何回でも無料で見られるので、ぜひ見に行って欲しい」と語った。

 「ハロー!純一」は、2014年2月15日より、イオンシネマ幕張新都心、新宿バルト9など、全国95か所で上映される。小学生以下は無料(ただし保護者(成人以上)の同伴が最低1人必要。同行小人の人数は問わない)。
《柏木由美子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)