「小鉄」向け都市型鉄道テーマパーク「鉄道甲子園2013」をGWに開催

趣味・娯楽 その他

鉄道甲子園2013
  • 鉄道甲子園2013
  • 体験ゾーンのようす
 阪神コンテンツリンクと阪神不動産が主催する「鉄道甲子園2013~ちびっこあつまれ!関西の電車がいっぱい!!~」が4月27日から5月6日のゴールデンウィークにかけて開催される。

 今年で3回目となる鉄道甲子園は「子どものための都市型鉄道テーマパーク」をコンセプトに体験ゾーンや展示ゾーン、グッズコーナーを用意し、幼児から小学校低学年の子どもを持つファミリーが楽しめる内容となっている。

 体験ゾーンでは、各鉄道会社の協力により、実際に使用されている鉄道機器を用意。本格的な機器を用意することで、子どもの鉄道ファンである「小鉄」としてだけではなく将来の「鉄男」「鉄子」として来場者を迎えるという。また、運転シミュレーターは昨年までの1台から、実物部品を使用したシミュレーターを加えた3台に増設。さらに簡易型運転シミュレーターも用意し、小さい子どもも楽しむことができる。

 そのほか体験ゾーンでは車掌室体験やパンタグラフ操作、撮影コーナーや縁日などが用意され、展示ではプラレールやNゲージが会場のジオラマを走り抜ける。またグッズコーナーでは各鉄道会社のオリジナルグッズやイベント限定グッズを取り揃えているという。

◆鉄道甲子園2013~ちびっこあつまれ!関西の電車がいっぱい!!~
期間:4月26日(土)~5月6日(火祝)の11日間
開園時間:9:00~17:00
場所:ハービスHALL
入場料:大人1,000円(800円)、3歳~小学生700円(500円)
前売券:チケットぴあ、ローソン、イープラスほかで3月1日(土)より発売開始予定
※()内は前売り料金
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)