2014年女子中高生 流行語ランキング、トップは「ダメよ~ダメダメ」

趣味・娯楽 その他

CANDY
  • CANDY
  • メイクme
  • Palette
 サイバーエージェントが運営するAmebaは11月21日、2014年の「JCJK(女子中高生)流行語ランキング」を発表。1位には女性お笑いコンビ「日本エレキテル連合」のヒットネタ「ダメよ~ダメダメ」が選ばれた。

 Amebaは、10代女子向けコミュニティサービス「CANDY」「メイクme」「Palette」を利用する現役女子中高生1,375名を対象に、2014年に流行した「言葉」および、流行した「モノ・コト」について、11月11日から18日にアンケートを実施。調査結果をランキング形式にまとめた。

 流行語ランキング2位は「レリゴー」。ディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌である「レット・イット・ゴー」の歌詞だ。3位にはTVアニメ「妖怪ウォッチ」の主題歌の歌詞「ゲラゲラポー」がランクインした。

 そのほか「JCJK語」では、4位に「かまちょ(=かまってちょうだい)」、6位に「KS(=既読スルー)」、7位に「秒で(=数秒で、すぐにの意)」、8位に「OC(=おいしい)」、10位に「微レ存(=「○○である可能性が微粒子レベルで存在する)」がランクインした。

 また「流行したモノ・コト ランキング」で1位となったのは「壁ドン」。恋愛漫画などでよく見られるシーンとして2013年頃からSNSを中心として話題になった。9位にランクインした「顎クイ」も同じく、恋愛漫画発の女子がときめくシチュエーション。こちらも再現写真がSNSに多く投稿されている。

◆女子中高生 流行語ランキング
1位:「ダメよ~ダメダメ」(1,071票)
2位:「レリゴー」(750票)
3位:「ゲラゲラポー」(714票)
4位:「かまちょ」(542票)
5位:「もしかしてだけど」(363票)
6位:「KS(既読スルー)」(119票)
7位:「秒で」(19票)
8位:「OC(おいしい)」(14票)
9位:「TOKIO力」(6票)
10位:「微レ存」(5票)

◆女子中高生 流行っていたモノ・コト ランキング
1位:「壁ドン」(1,147票)
2位:「妖怪ウォッチ」(883票)
3位:「TSUM TSUM(ツムツム)」(827票)
4位:「テラスハウス」(520票)
5位:「双子コーデ」(398票)
6位:「スクールラブ」(262票)
7位:「LINE歌詞ドッキリ」(188票)
8位:「自撮り棒」(177票)
9位:「顎クイ」(162票)
10位:「半顔メイク」(161票)
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)