郵政博物館、東京スカイツリータウンにオープン…33万種の切手展示など

 郵便の歴史などを紹介する「郵政博物館」が3月1日、東京スカイツリータウン・ソラマチ9階にオープンした。開館記念特別展として、ふるさと切手「花嫁」の原画などを手掛けた蕗谷虹児氏の作品が展示される。

趣味・娯楽 その他
郵政博物館(WEBサイト)
  • 郵政博物館(WEBサイト)
  • 「始」ノ世界
  • 「郵便」ノ世界
  • 郵便配達シミュレーター「Go!Go!ポストマン」
 郵便の歴史などを紹介する「郵政博物館」が3月1日、東京スカイツリータウン・ソラマチ9階にオープンした。開館記念特別展として、ふるさと切手「花嫁」の原画などを手掛けた蕗谷虹児氏の作品が展示される。

 「郵政博物館」は、2013年8月31日に閉館した「逓信総合博物館(通称:ていぱーく)」所蔵の歴史的資料を引き継ぎ、郵便および通信に関する所蔵品を展示・紹介する博物館。館内には、赤い丸型ポストの始まりとなった日本初の俵谷式ポストや、大久保利通から日本の郵便創業の父と謳われる前島密にあてた手紙など、郵便にまつわる歴史や物語をテーマ別に展示や映像で紹介する7つの常設展示ゾーンと企画展示ゾーンを設けている。

 そのほか、くつろいで手紙が書ける「手紙ラウンジ」、オリジナルグッズや郵趣関連商品を販売する「ミュージアムショップ」、東京スカイツリータウン内初の郵便局「ミュージアムゆうびんきょく」、「イベントスペース」などを用意。日本最大となる33万種の切手展示のほか、国内外の郵政に関する資料約400点を公開している。

 さらに「郵政博物館」では「心ヲツナグ 世界ヲツナグ」をコンセプトに、最新のデジタル技術を駆使。バイクでの郵便配達を疑似体験できるシミュレータ「Go!Go!ポストマン」など、郵便や通信がもたらす人と人との心のつながりを感じてることができる体験・体感型のコンテンツを数多く用意する。

◆郵政博物館
場所:東京スカイツリータウン・ソラマチ 9階
開館時間:10:00~17:30(入館17:00まで)
休館日:不定休
入館料:大人300円、小・中・高校生150円
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)