指揮者体験もできる、阪急ゆめ・まち 親子チャリティコンサート6/21

趣味・娯楽 その他

阪急ゆめ・まち 親子チャリティコンサート
  • 阪急ゆめ・まち 親子チャリティコンサート
  • 関西フィルハーモニー管弦楽団の演奏と指揮者体験の様子
  • 指揮者の藤岡幸夫さんとナビゲーターの野々すみ花さん
 阪急電鉄は、「阪急ゆめ・まち 親子チャリティコンサート」を6月21日、梅田芸術劇場(大阪市北区)で開催する。入場料は中学生以上1,500円、小学生500円。

 「阪急ゆめ・まち 親子チャリティコンサート」は、阪急阪神ホールディングスグループをあげて取り組む社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」の一環として、今年で5回目の開催となる。本格的な音響設備を備えるグループの梅田芸術劇場メインホールを会場として、子どもたちに「本物のオーケストラ音楽と出会う感動」を体験してもらう機会を提供する。

 当日は、藤岡幸夫さんが指揮する関西フィルハーモニー管弦楽団による本格的なオーケストラ演奏で、バッハ、モーツァルト、ワーグナー、チャイコフスキー、アンダーソンなどさまざまな作曲家の名曲を一度に楽しめるほか、ディズニー映画で有名になったデュカス「魔法使いの弟子」の調べに、元宝塚歌劇団宙組トップ娘役で現在女優として活躍中の野々すみ花さんの語りを重ね、かわいらしくユーモラスな世界を表現する。

 また、会場の子どもたちに、舞台で実際にタクトを振りオーケストラを指揮してもらう「指揮者体験コーナー」を行うなど、親子でクラシック音楽を楽しめる内容となっている。

 なお、このコンサートの売上は、阪急沿線で支援を必要とする子どもたちのために、あしなが育英会へ全額を寄付する。同コンサート過去4回の開催による寄付金の総額は、751万7,330円となった。

 前売りチケットは、3月20日より、チケットぴあやイープラスなど、各種プレイガイドで販売が開始される。

◆阪急ゆめ・まち 親子チャリティコンサート
日時:6月21日(土)14:00開演(13:00開場)
会場:梅田芸術劇場 メインホール(大阪市北区)
入場料:中学生以上1,500円、小学生500円(全席指定・税込)
※未就学児および大人のみでの入場不可
チケット発売開始日:3月20日(木)10:00から
取り扱いプレイガイド:チケットぴあ、イープラス、CNプレイガイド、ローソンチケット、梅田芸術劇場チケット窓口(3月21日10:00~)、梅田芸術劇場オンラインチケット
[演奏予定曲目]
・ワーグナー/歌劇「ローエングリン」第3幕への前奏曲
・モーツァルト/「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」第1楽章
・アンダーソン/ワルツィング・キャット
・アンダーソン/クラリネット・キャンディ
・デュカス(構成:ひの まどか)/音楽物語「魔法使いの弟子」
・指揮者体験コーナー:オッフェンバック/喜歌劇「天国と地獄」序曲よりカンカンダンス
・モンティ/チャルダッシュ
・バッハ/G線上のアリア
・チャイコフスキー/大序曲「1812年」
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)