旺文社、子ども向け英語教材「ハッピープラネット」を発売

 旺文社は、未就学児から小学校低学年を対象とした英語教材「ハッピープラネット」を4月に発売する。「自分のことを英語で話せるようになる」ことを目標とする。

教育・受験 学習
旺文社・ハッピープラネット
  • 旺文社・ハッピープラネット
  • 旺文社・ハッピープラネット
  • ワークブック
  • スピーキングブック
 旺文社は、未就学児から小学校低学年を対象とした英語教材「ハッピープラネット」を4月に発売する。

 「ハッピープラネット」は、「自分のことを英語で話せるようになる」ことを目標とし、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つの力を、楽しく遊びながら育むことができる教材だという。教材には、「パラッパラッパー」「サンダーバニー」などで日本にもファンが多い、ロドニー・アラン・グリーンブラット氏によるオリジナルキャラクターが登場。キャラクターを中心に展開されたコミックやゲーム、また、やりごたえのあるワークブックや辞典、歌のCDなど、全23アイテムがセットになっている。

 イラストや文字をタッチすると音声が出る「えいごペン」には、約5,300の音声が収録。手軽にネイティブスピーカーの良質な英語をインプットすることができる。また、「えいごペン」には録音機能も装備。自分の声で単語を録音できる英英辞典や、自己紹介を録音してつくる絵本、キャラクターとの会話を楽しむラジオ型スピーキングキットなど、録音遊びで発話を促すコンテンツも用意している。

 また、親子間の会話を促すサポートアイテムとして、子どもの成長を確かめられる「成長チェックリスト」や、やる気を伸ばす「ごほうびステッカー」などを用意。さらに、身につけた英語力の到達度を「英検&児童英検対応 リスニングドリル」でチェックすることもできる。

◆ハッピープラネット
通常価格:4万5,000円(税抜)
※3月31日まで特別先行販売価格2万9,250円(税込)で予約受付中
発売時期:2014年4月~
購入方法:直販方式。電話または公式Web サイト
[セット内容]
音のでるペン×1、えいごコミック×2、えいごコミックCD×1、アクティビティブック×2、ゲームシート×5、スピーキングキット×1、音のでるワークブック×2、スピーキングブック×1、ディクショナリ×1、歌のCD×1、到達度チェックテスト×1、到達度チェックテストCD×2、ステッカー台紙×1、保護者ガイド×1、音のでる世界地図×1
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)