栄光ゼミ、新小2・3生対象の理科実験教室を開催…手作り顕微鏡でタマネギの細胞を観察

教育・受験 学校・塾・予備校

理科実験教室・プロジェクションけんび鏡で細胞をみよう!
  • 理科実験教室・プロジェクションけんび鏡で細胞をみよう!
  • 理科実験教室のCM
 栄光ゼミナールは、新小学2年生・3年生を対象とした理科実験教室「プロジェクションけんび鏡で細胞をみよう!」を4月19日・20日に各教室で開催する。予約定員制で参加は無料。

 子どもたちが理科好きになるきっかけのひとつは顕微鏡だという。実験教室では、LEDとルーペを使って、小さな物を映写機のように映せる投影型のプロジェクション顕微鏡を作り、肉眼では見えないタマネギの細胞を約60倍に映し出して観察する。

 プロジェクション顕微鏡は、拡大した像を机の上に映し出す。箱の重ね具合でレンズとの距離を調整でき、距離が変わるとはっきり見える距離(机←→顕微鏡)が変わる。また、紙コップや厚紙、輪ゴムなど、ごく身近にあるものでも作ることができるという。

 実験教室では、タマネギの細胞観察により、理科への興味を深めてもらうほか、子どもたち自らが顕微鏡を作り出すことで、困った時に自分で道具を創るという発想を育む。

 同時開催として、「創造思考サーキット」と「保護者セミナー」もある。

◆理科実験教室・プロジェクションけんび鏡で細胞をみよう!
日程:4月19日(土)、4月20日(日)
※地域により開催日程は異なる
時間:10:00~11:10、13:00~14:10、16:00~17:10
※教室によって実施日時は異なる
会場:栄光ゼミナール各教室
対象:新小学2年生・3年生
定員:あり
※教室によって定員は異なる
締切:定員になり次第締切
応募方法:ホームページより
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)