米国の5歳男児、Xbox LIVEのセキュリティ問題を発見

趣味・娯楽 その他

特に新規ハードウェアやアップデートがリリースされる際には開発者も気づかない内に潜み後に悪用されることとなるセキュリティホール。ユーザー達の報告により初めて開発者らが気づくというパターンも多い中、Xbox LIVEのとあるセキュリティ問題をサンフランシスコ在住のわずか5歳の男の子が発見したとしてニュースが報じられました。

このニュースは米国のサンディエゴのニュースメディア10Newsが報じたもので、Xbox LIVEにて偶然セキュリティ問題を発見したのはサンフランシスコ在住の5歳の男の子Kristoffer Von Hassel君。ソファから足もつけずにXbox OneをプレイしているKristoffer君ですが、父親がある日Hassel君がなぜか自身のアカウントでプレイしていることを発見し、そこからキーボード上にてとある操作を行うとパスワードが誤っていてもログインできることが明らかとなったそうです。

見つけた時には「イェア!って感じだったよ」、父親に見つかった時は「ナーバスになったよ。見つけられちゃったと思った」と語るKristoffer君。しかしセキュリティ関連会社に勤めているKirstoffer君の父親は「こりゃ凄い!」と驚き、わずか5歳の子供がホールを発見しセキュリティを通り抜けたことに感心したとコメントしています。


3度か4度、Xbox LIVE上のパスワードに関するセキュリティ問題を父親の前で再現したKristoffer君。なお1歳の頃には携帯電話のホームキーを長押ししてロックを解除することもやってのけた
父親はこの問題をMicrosoftに報告。Microsoftは修正を行うと共に3月度のセキュリティ問題を発見したユーザーリストにKristoffer君の名前を掲載し、Kristoffer君に4つのゲームと50ドル、さらに1年間分のXbox LIVEサブスクリプションを与えたとのことです。

海外で5歳の男の子がXbox LIVEのセキュリティ問題を発見、Microsoftから50ドルやゲームなどもらう

《ishigenn》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)